頭痛(鍼治療が有効なもの)

どのような状態ですか?

緊張性頭痛

「肩こりからくる頭痛」といわれることが多いですね。使いすぎや、不良姿勢などで筋肉が持続的に緊張することで血管や神経が圧迫され、血流が悪くなり老廃物が溜まり痛みが出ます。ズーンとした重い痛み、締め付けられるような痛み、とよく表現されます。

片頭痛

何かのきっかけで頭の血管が拡張し、血管の周りの神経が刺激されることで痛みを感じます。ズキズキと脈打つような痛み、と表現されることが多いです。頭痛が起こると匂いや音に敏感になったり、吐き気を伴うこともあります。片頭痛と緊張性頭痛を両方持っている方もかなり多く、片頭痛の方の頚を触ってみると、緊張性頭痛の方よりもかなり筋肉が緊張していることも多々あります。頚の筋肉の緊張がベースにあることが原因で収縮した血管が何らかの原因で拡張することで起こっていると考えられます。

どのような治療をしますか?

鍼治療が有効な頭痛は「緊張性頭痛」「片頭痛」と分類されている、一次性の頭痛です。ちなみに二次性の頭痛は脳梗塞やクモ膜下出血などで起こる頭痛です。北京堂では頭痛の治療では頚への治療をメインとしておこないます(特に頭と頚の境目がポイント)。そして症状に合わせて、肩の筋肉、頭部にある筋肉(側頭筋や後頭筋)や頭皮、顎関節に関係する筋肉にも鍼を行います。重症の方ですと、鍼を打っている最中や、治療後に頭痛が出ることがあります。これは硬くなった筋肉が一度の治療では緩みきらなかった場合に起こります。治療を重ねればこれらは起こりにくくなり、また普段の頭痛も起こりにくくなります。