坐骨神経痛

どのような状態ですか?

坐骨神経痛というのは、坐骨神経という神経の走行上に痛みが出ている症状を言います。腰椎と仙骨から出ている神経が坐骨神経となりお尻、大腿後面、膝裏、下腿後面、下腿外側、足部を走行しています。(膝から下は総腓骨神経と脛骨神経に名前が変わります) この神経が硬くなった筋肉に圧迫されて症状が出ている場合、鍼の適応となります。

鍼の効果のある坐骨神経痛

  • 脚の一部だけでなく脚全体が痛む
  • 夜寝ているときに痛みが増す・痛みで目が覚める
  • レントゲンを撮ると腰椎の間が狭くなっているが、MRI、CTで異常がない
  • 長時間椅子に座った後、立ち上がりにくさを感じる

 

鍼の効かない坐骨神経痛

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • 腫瘍によるもの
  • 頸髄症       など

どのような治療をしますか?

鍼が有効な坐骨神経痛は、神経が筋肉に圧迫されていることで起こっているため鍼治療で筋肉を緩め圧迫を取り除きます。治療部位は腰痛治療(特に大腰筋)に加えて、臀部や下肢の痛みの出ている部分です。