治療について

治療方針

方針イメージ

北京堂鍼灸院 松江では、現在葛飾区で開業されている、淺野周先生が考案された「淺野式」の治療方法を実践しています。「淺野式」は主に痛みの治療を得意としており、「広範囲に痛みを出しているのは骨付近にある太い神経が圧迫されているから」という仮説のもと「骨表面や深部の筋肉を緩めることで、神経や血管の圧迫がなくなる。その結果痛みが解消し、筋肉が血液に栄養されて治癒する」と考え、鍼治療を行っています。

筋肉が原因となって出現する頑固な痛みやコリはなぜ起こり、なぜ多くの場合慢性化してしまうのでしょうか。オーバーユーズ(使いすぎ)やストレス、筋肉に負担のかかる姿勢を長く続けている(長時間のパソコン作業等)など、痛みのきっかけは色々あると思います。そしてその状況が長く続くほど、筋肉は硬くなります。硬くなった筋肉は血管を圧迫するため、血流が悪くなります。血流が悪くなれば筋肉に酸素や栄養素が十分に届かないばかりか、疲労物質や痛みのもとになる発痛物質を流すことができなくなり、その結果さらに筋肉は硬くなります。この悪循環がつらい症状を長引かせてしまうのです。            そしてこの悪循環を断ち切るのが、鍼治療です。鍼治療では表面の筋肉だけでなく、手などでは直接触ることのできない、深いところにある筋肉(インナーマッスル)にまで直接アプローチすることができます。硬くなった筋肉に直接鍼をすることで、筋肉がゆるみ血流が回復し、痛みを取り除きます。

また直接手で触れるような表面の筋肉、つまり皆さんがつらくてよく手で触ったり、揉んだりしている場所の筋緊張だけを治療しても、症状が改善しなかったり、すぐにもとの辛さに戻ってしまうのはなぜでしょうか?それは身体の深いところの筋肉が硬くなり神経を圧迫することで、表面の筋肉が硬くなっているからです。つまり深い場所の筋肉を緩め、神経の圧迫を取ってあげなければ、表面の筋肉は緩まないのです。

そこで「淺野式」鍼治療の出番です。浅い筋肉にしか鍼を刺さない治療院が多い中、「淺野式」では深い場所の筋肉まで鍼を到達させることができます。そうすることで、神経は圧迫から解放され、筋肉の血流も回復し、頑固な痛みやコリを解消できます。


※「淺野式治療」と「北京堂式」の違いについて

「淺野式治療」

淺野周先生の治療方法を忠実に行っている。鍼の本数60本以上、置鍼時間40分程度。鍼の深さが骨にまで達する。

「北京堂式」

治療の一部に北京堂の治療方法を取り入れている。鍼の本数が少なく、置鍼時間も短い。鍼の深さが浅い。

【こちらもどうぞ】

治療の様子

鍼を打つ場所や本数は、症状によって異なります。

頚、肩の治療の一例

腰の治療の一例