痛い鍼はヘタなのか?

施設写真

北京堂の鍼はズーンという鍼の響きのある治療を行います。患者様によってはこの響きを「痛い」と表現されます。そこで生まれるこんな誤解。

【響き(痛み)についてのよくある誤解】

鍼治療で、痛い鍼は下手で痛くない鍼が上手なのだ!という噂があります。
実はこれ、半分正解で、半分は見当違いです。

鍼を打つ時には、当然ながら一番最初に刺さるのは皮膚です。
技量が未熟だと、こも皮膚を突破する時に「チクッ」という痛みが生じます。
これを切皮痛(せっぴつう)といって、こういう「痛み」を随所に感じる場合
残念ながら下手な鍼灸師なので、早急に治療院を変えたほうがよいです。

ところが、切皮痛はないけれども
刺した後で、ズシンと響く「痛み」があります。
これは逆にどれだけきちんと響きを出せるか?ということが重要なので
当院のような深い鍼治療を行う場合は、この「痛み」がないと下手ということになります。

つまり「痛い鍼は下手で痛くない鍼が上手なのだ!」という理屈は
認識の違いということなのです。

これを混同してしまうと

患者さんが、友人に当院の治療で改善したことを話したときに
「痛い鍼は下手なんだから、行くのをやめたほうがよい」と言われた

別の鍼灸院で
「痛い鍼は下手なんですよ、うちは痛くないでしょう?」
という様な話を聞かされた、などで不安になることがあります

前者は、切皮痛と響きを混同している「うわさ」ですし

後者は、多分深く刺さない鍼治療を行っているのでしょう
(その治療院が「痛くない鍼」できちんと治せているのでしたら
北京堂のような「痛い鍼」の治療院にわざわざ通うことはないと思いますが…)

切皮痛と、響きをきちんと区別できれば、それは話の半分ということが理解できたのではないでしょうか?
理解できれば、そのような噂を気にすることはありません。

北京堂ではきちんと痛みと響きを分けて認識していますし
患者さんも、実際に「痛み」と「響き」の違いをキチンと体感して通院していただいています。